時事問題を占う

しくじり先生の野沢直子さんのホロスコープ

こんにちは真帆です(*^^*)

少し前に放送されたしくじり先生
とても懐かしい野沢直子さんが
ご自身のしくじりについて
お話されていました。

今回はしくじり先生に登場していた
野沢直子さんのホロスコープについて
書いてみようと思います☆

若い世代の方は知らない方も多いと思いますが当時、

スポンサーリンク

お笑い界にこの人あり

とも言われた女芸人さん。
おもむくまま言いたい放題、なんでもありのトリッキーなキャラクターで

一世風靡した方です。しくじり先生のお話では

「まったく苦労も無く順風満帆に売れた」

と無邪気に語っていらっしゃいました。
さて今回、出生時間が分からなかったのですが、
彼女のキャラクターや言動、順風満帆に売れた事、
外国に移住した事、歯に衣をきせぬもの言いなども考慮し
レクティファイ(出生時間推察)してみた結果
12時30分付近の生まれであると推察して解読してみます☆

まず、ホロスコープ全体像から。行動的で頭の回転が早く、
クールで理知的な面もうかがえます。
特に能動性を表す太陽、水星、火星が火の性質である事から、
エネルギッシュで少し落ち着きの無い性質になるかもしれません。
また、月を含め不動サインに天体が複数ある事から、
行動的ではある反面、柔軟な対応には弱く、今までのスタイルを
変えたり、臨機応変に物事に対応するのは意外と不得意な方の
様です。
太陽星座は牡羊座で水星とコンジャクション、獅子座火星とトライン。
非常にエネルギッシュで行動的な方で挑戦的な発言や思った事を
そのまま口に出す率直な人柄です。少し神経質な面もある様です。
牡牛座の月は獅子座金星、乙女座天王星とスクエア、蟹座木星と
セクスタイル。努力や根性の様な体育会系のノリでは無く、大らかで
どちらかというと歓楽的な方へと傾きやすい性質で天王星はエレメン
トが共に土星座の調和のスクエアですから、急に気分がコロコロ変
わるトリッキーな感情もご本人的にはあまり矛盾は無く葛藤せずに
いける配置です。
アセンダントは太陽支配星の獅子座で、火星1ハウスアセン付近、ド
ラゴンヘッドはコンジャクション
これはご自身主体の意思が言動の動機となる配置で、
自己主張が強く、ご自身の目的が獅子座の自己表現に傾く性質を示
します。
自己の精神性と外国を表す9ハウスに太陽、水星、木星があり、
オーバーロード。コンジャクションした太陽、水星は牡羊座で、支配星の
火星はアセン付近にある事から、トリッキーな芸風ですが、非常に向上
心豊かで自分自身を高める為に、自己主張、自己表現をするという性質
を持った方です。
コミュニケーションの牡羊座の水星は太陽とコンジャクションでアセンダント
付近の獅子座火星とトライン。思った事を機関銃の様に話すスタイルの芸風
というより、素直にご本人そのままの姿が芸風になっている様な配置です。

彼女がデビューした1983年頃は世相を表す天王星が射手座に位置し、
彼女のネイタル図の太陽、水星にトライン。この表示は彼女のスタイルが
受け入れられやすい風潮の時代であった事を示し、彼女の率直で歯に
衣を着せぬ言動も、芸風として受け入れられブームに乗ったデビューに
なりました。しかし、1988年2月15日に天王星が山羊座にイングレスした
あたりから、実力主義と社会性を重んじる風潮に切り替わり、彼女が番組
中で話ていた
「スタッフが私の芸に一切笑わなくて自信を無くしていきました」
という発言からも、
ノリを活かした彼女の芸風に対して風当たりがキツくなっ
てきたのは、この辺り付近からだと思われます。
渡米のきっかけとなった「夢で逢えたら」が放送開始された1988年から、
外国に渡った1991年付近は野沢さんにとってとても辛い時期だったとい
う表示があり、
「外国へ逃げる様に逃亡したんです」
と言う彼女の発言には、重みがある様に思います。
きっかけとなった「夢で逢えたら」は1988年10月から放送開始されていま
すが、同年の進行図には彼女の語った「トラウマ」になる配置がありました。
実はその前年度にも同じ配置があったのですが、その年のソーラーチャー
トでは木星回帰や同ハウスに複数天体があり、賑わしさの中に楽しみを感
じる瞬間もありつつ、忙しくされていた様子がうかがえ、ゆっくり考える暇も
なかったかもしれませんが、外国への想いや心理的な違和感、不安感な
どはもしかしたらこの頃からあったのかもしれません。
この1987年からネイタル図にトラウマを暗示させる時期がはじまり、渡米の
1991年までにはこれと重なった後、入れ替わる様に冥王星がハードに影響
を与える配置が出来上がりました。
この数年間は非常にプレッシャーや重圧、そして何より自分自信への自信
の喪失感と重なり、肉体的にも精神的にもお辛かった時期だと思います。
ご本人の思いとは裏腹に、芸能界では存在感を増し、忙しくなる配置もあ
りましたが、冥王星からプレッシャーをかけられた太陽は9ハウスで、ハード
をかけた冥王星は身近な場所を表す3ハウスだった事からも、未知の外国に
旅立つ選択になったのもうなずけます。
しかし、ご自身を開拓される大変さは、外国に行ってからも冥王星の影響下
であった為、しばらくの間続いたと思われます。
しかし、その大変な時期を乗り越え、現在は日本と外国を往き来し、
彼女らしいライフスタイルで活躍をされている様で、
今後のますますのご活躍もお祈り申し上げます☆

この様にホロスコープはその方の

人生に起こる物語が示唆されている

と言われていますが、

ホロスコープに示唆された天体を使って
人生を彩るのは自分自身です。

ご自身のあふれるばかりの個性的な性質を
芸能界という道を選び輝かせたバイタリティー、
そして今回トラウマを乗り越え、
ご自身の人生に向きあいメディアを通して語った
彼女の生き方にとても感銘を受けました。

山もあり谷もあるのが人生ですが、
不屈の精神力とご自身に忠実に
まっすぐな生き方をする彼女に
勇気をもらった方もたくさんいらっしゃったのでは
無いでしょうか?

私も自分自身のホロスコープとあらためて向き合ってみようと
考えさせられた番組でした☆



スポンサーリンク



ランキング参加中です!よろしければポチお願い致します~(*^^*)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

スポンサーリンク

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です