占星術について

ファイナルディスポジター


こんにちは真帆です(*^^*)
今日はお仕事の勉強会に行って来ました!
とても有意義な勉強会で
たくさんのインスピレーションと
刺激をいただきました(*^o^*)
独身の頃は仲間達と良く飲みに行った懐かしい街
久しぶりに満喫してきましたよ〜☆

ではでは今日の議題は
ファイナルディスポジターについて考察してみました(*^^*)

よく、物事を決断する時

私はこうする!って即断する人と

あの方法もいいしでもこの方法もいいんだよな〜どうしようかな>_<

って中々迷って決められない方もいらっしゃいます。
この両者の違いは占星術ではどの様な配置が起こしているのでしょうか?

占星術の占術の1つに
ファイナルディスポジターという見方があります。

天体から天体へ流れるエネルギーの終着点が、
個人が結論を出す際の決定権を持つ天体

だという考え方で、天体はハウスのルーラー天体に影響を与える事から、

天体の動機が流れる先が、その方の思考の流れに影響を及ぼしている

と考えられています。
ですから、このファイナルディスポジターの天体は
物事を決める際の決定権を持つ天体

として、ホロスコープの中でも注目する天体となります。
それをふまえて今回注目したのは

ファイナルディスポジターで迷いが生じやすい人かが分かる!

という事です。
このファイナルディスポジターは
個人個人で1つの方もいれば複数持つ方も、
はたまたファイナルディスポジターを持たない方まで様々です。
では具体的な例をあげて
ファイナルディスポジターを考察してみます。

まず、架空の天体配置で考えてみましょう。

・ 太陽は獅子座です。
太陽のルーラーは獅子座ですのここがファイナルです。

・    次に月は双子座です。
双子座のルーラーは水星ですので月は水星へと思考が流れます。
水星は獅子座にあり、水星は太陽へと思考し太陽は獅子座ですから
ここがファイナルです。

・    次に水星は先ほどと同じ太陽へ流れそこがファイナルに。

・    次に金星は獅子座ですからこれも同様に太陽へ流れファイナルです。

・    次に火星は蠍座
蠍座のルーラーは冥王星ですので火星は冥王星へと思考が流れ、
冥王星は山羊座にあります。山羊座のルーラーは土星なので
冥王星は土星へと思考し、土星は射手座にありますので
土星は木星へと思考し、木星は乙女座ですので水星へ流れ
水星は獅子座ですので太陽へそこがファイナルです。

・    木星と土星と天王星、冥王星は先ほどの流れに組み込まれており
ファイナルは太陽へ。

・ 海王星は魚座にあり、
魚座は海王星のルーラーなのでここがファイナルです。

これをまとめると以下の様な流れになります。

火星→冥王星→土星→木星→水星→太陽
                                                      ↑           ↑
                                                     月       金星
海王星

これはそれぞれの天体の流れを矢印で表し、
ファイナルディスポジターを表した結果です。
で結果はというと

海王星以外の天体の思考の決定権は太陽が持つ

海王星は独自で決定権を持つ

という事になり、
この方はファイナルディスポジターを
2つ持つ人であるという事になります。
海王星以外の天体は太陽が決定権を持ちますから、
何かを決定する際に

獅子座の太陽のニーズにしたがった判断を下す

という事。
獅子座の太陽は自身のやりたい事を最優先する太陽なので

自分のやりたい事を優先的に物事を決める

という事になります。
そして魚座の海王星に関しては、
他の天体の思考も入らず単独で機能します
魚座の海王星はとてもインスピレーションが冴える配置ですので

自身の勘を信じて物事を決める
(ただし、海王星のアスペクト次第ではその限りでは無い)

という側面も持ちます。なのでこの方の思考は

自身の勘にしたがってか
自分のやりたい事を優先的に考えるか、で迷いが生じる

という風になるので、迷いの部分が少し出てきそうですが
優柔不断とまではいかなさそうです。
では私の思う優柔不断な方のファイナルディスポジターは
どの様な状態を指すのでしょう?

例えば天体の図が

  木星→土星→天王星→金星→太陽
          ↑                                              ↓
     海王星← 水星←冥王星←火星←金星

この様になる方もいらっしゃいます。
これはすべての天体が
ぐるぐると回り1つに繋がった状態になっていて、
ファイナルになる天体がありません。

こういう流れを持つ配置をループといい、
ループの配置を持つ方は

物事を決定する事が出来ず迷いが多い

ので、優柔不断というより自分で決断するのが苦手な方
といいうような印象でしょうか?

しかし、ファイナルディスポジターがミューチュアルレセプション
(お互いのルーラーにお互いの天体が交換配置になっている場合)
をしている例は

火星→金星←天王星←太陽←土星←水星
            ↓                                            ↑
        海王星⇄木星                        冥王星

ファイナルディスポジターの思考は
海王星と木星2天体間をいったり来たり
迷った状態になってしまう配置ですが、
ミューチュアルレセプションは特殊で私が見て来て感じたのは

思考する際、ある種こだわりが邪魔をして決断を迷う

っていう感覚があります。
そして面白い事があるのですが、
成功者や自己実現能力が高い方は

ファイナルディスポジターが1つである方

が多いという事。
自分の動機がハッキリしているので、
目的が定まりやすく、
そこへ向かってまっしぐらに決断するからでしょうね。

※ここで挙げた例もファイナルディスポジターの本の一例ですので
 他の天体の作用で上記に当てはまらない例もあります

成功者の方やシンプルに決断出来る方が羨ましいです>_<

皆さんはどうでしたか?
自身がどんな時に迷いやすいか1度見てみると

面白い発見があるかもしれませんよ(*^^*)



スポンサーリンク



ランキング参加中です!よろしければポチお願い致します~(*^^*)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ